アスリートのパーソナルトレーニング 港区 浜松町、大門、、汐留のトレーニングジム

 





Performance up 競技力向上


アスリートと言っても、そのレベルは様々。
趣味のゴルフやテニス、草野球。
高校、大学の部活動レベルでの競技から、プロのアスリートまで。

レベルの違いはあっても、「もっと上手くなりたい」「もっと強くなりたい」
そんな気持ちは誰にでもあるはず。
そんなアスリートたちを IN THE GYM はサポートしたい。




スポーツは『心・技・体』

練習頻度、トレーニング内容、休養、栄養、メンタルコンディション・・・
全てを把握し、最高のパフォーマンスが発揮できるための環境を整えます。
ショートプラン、ロングプランで目標を立て、逆算し、トレーニングプログラムを作成します。


さらに、効果的なトレーニングを効率的に行いたい方は、
スポーツコンディショニングのスペシャリストがサポートする、パーソナルトレーニングを。


パーソナルトレーニングでは、まずアスリートの身体の特徴と動きをみて評価します。
体重、体脂肪率、筋力、柔軟性、関節弛緩性、アライメント・・・
痛みの有無、マイナス要素の有無・・・
効率的な動き、出力・・・
その結果、何にアプローチするかを判断します。



アスリートにとって、必要なトレーニングをしっかりとしたコンセプトで提供する。

そのトレーニングコンセプトが、『アスリートスタイルトレーニング』




Athlete Style Training アスリートスタイルトレーニング



アスリートスタイルトレーニングとは


アスリートスタイルトレーニング(以下AST)は、競技パフォーマンスの向上を目的として考案されたトレーニング方法です。大きな特徴としては、「スタンディングポジション(自立支持)」と、「出力方向に合致した全身運動」、この2点を伴ったトレーニング種目がASTです。
ASTは、筋力をつけながら機能を獲得することができるトレーニングですが、単に機能性を追求するものではなく、積極的に負荷をかけるトレーニングであり、負荷をかけることで筋力は強くなり、負荷をかけることで機能性を促進するという側面があるのです。






アスリートスタイルトレーニングの定義


 ○ スタンディングポジション(自立支持)である。

 ○ 出力方向に合致した関節や筋の連鎖・協働を伴う全身運動である。


アスリートスタイルトレーニングの逆説的定義


 ○ 軌道が固定されたマシンを利用したエクササイズではない。

 ○ 単関節運動のエクササイズではない。

 ○ 座位、臥位でのエクササイズではない。




アスリートスタイルトレーニングが考案された背景


人間が他の動物と違う明らかな点は「直立・2足歩行」であるという点です。水泳や格闘技での寝技など特有の状況を除いては、この「直立・2足歩行」は運動の大前提です。野球であれサッカーであれラグビーであれ、この状態を前提に力の発揮というものが行われます。しかし、従来のボディメイクメソッドは、マシンを使い寝たり座ったりすることで各関節を固定し、負荷のかかる筋肉を特定(アイソレート)することで効果を発揮します。フリーウエイトのエクササイズであっても、ベンチプレスはベンチがあることでウエイトを拳上でき、ショルダープレスもシート・背もたれを利用し、身体を安定させることによって高重量を使用可能にします。

そこで、「競技パフォーマンス向上の為のトレーニングとは、競技動作時の様々な条件と合致して行うべきである。」という考えのもと始まりました。

そして最近では、競技パフォーマンス向上を目的としたトレーニングにおいても、アウターマッスル、インナーマッスル、コアトレーニング、スタビリティトレーニング、クイックリフトなど、特定の能力に特化したトレーニングはかなり浸透してきています。

このように、パフォーマンス向上には多くの要素を強化する必要があります。しかし、指導現場においては、時間的制限、設備的制限により、それらの全てを十分に強化することが難しいのが現実としてあります。

また、筋力トレーニングとして取り組んでいるエクササイズのほとんどがボディビル、パワーリフティングのエクササイズと重複しており、それらが競技の特性とリンクしていないと感じており、筋力は向上してもパフォーマンスが向上しているかどうかは個人差があり、また指導するトレーナーの力量によるところが大きく影響しています。

以上のような背景があり、考案されたトレーニング方法が「アスリートスタイルトレーニング」なのです。




その内容については、2014年12月20日に開かれました「日本指導トレーニング学会」において、
「アスリートスタイルトレーニングの有効性の検討」と題し、発表させて頂きました。
発表資料はこちら



 














営業時間
 
月~木 / 10:00~22:00
  土曜日 / 10:00~21:00
  日・祝 / 10:00~18:00
  金曜日 /    休館日
      (Check in/Check out)
 ※その他、年末年始や夏季休暇あり


所在地
  東京都港区浜松町2-2-14 KIビル2F
  ☎ 03-6452-9868

  フィットネス & パフォーマンス
            インザジム







〒105-0013 
 東京都港区浜松町2-2-14 KIビル2F
☎ 03-6452-9868
フィットネス & パフォーマンス インザジム



Copyright (C) 2015 FITNESS&PERFORMANCE IN THE GYM Inc. All Rights Reserved